★彡記事のラベル

DTM (1007) その他 (267) ゲーム (221) 食べ物 (161) Mac (83) アニメ (82) Diablo3 (79) パソコン (76) 車中泊 (73) 写真 (72) (56) iPhone (33) 音楽 (33) 温泉 (31) TF2 (29) 同人 (27) Torchlight2 (21) (20) 壁紙 (18) Blogger (11) Torchlight1 (6) 読書 (6) 映画 (5) 動画 (4) イラスト (3) タロット (3) 七不思議 (3) 漫画 (3) Left 4 Dead 2 (2) 健康 (2) 掃除 (1)

楽天

ブログ内検索

2012年2月28日火曜日

Macで画面の録画(キャプチャ)を音付きで出来る無料ソフト

Macで画面キャプチャが出来る便利なソフトがある

それはQuickTime

最初から入ってるこのソフトで実は画面の録画や

カメラを内蔵してるMacなら自分の顔を録画しながらとか出来る



が、例えばMacでゲームのプレイ動画を撮影したいよ!

となった時、音の問題がある

基本的にシステムの音(Mac本体でなってる音ね)は録音されない

録音しようとすると今度はヘッドホンから聞こえない等

だから、ゲームの絵は録画出来ても音が入ってないとかなってしまう



これを解決するソフトSoundflowerというのがあります

こいつは一旦、音をシステムから受け取ってくれる役割をします

音の仲介役ですね


このSoundflowerってのがよく意味がわからない

使い方教えて!って人が多いんじゃないでしょうか

その辺詳しく説明します

ここから自分のOSのバージョンに合うやつを落としましょう
http://code.google.com/p/soundflower/downloads/list

Featuredって書いてあるバージョンの新しいやつ落としとけばおk



そしたらインストール

こういうのがアプリケーションにインストールされる


で、起動させると上のメニューバーにお花のマークが


最初は起動させた後、Mac本体を再起動させないと上手く起動しないかも



お花マークをクリックしてこうなってればおk



紫の2chの方のBuilt-in Outputにチェックを入れる

バッファサイズは適当に1024くらいで


こいつが小さすぎると音がブチブチ切れて聞こえます




次に、システム環境設定→サウンド を開き

出力、入力をこのSoundflower2chにしてあげるだけ


音が小さくなったらここの主音量を上げればいい

適当にYouTubeでも見て入力レベルの振れ幅がどのくらいか見ながら調整

ここが録音の音量になります




これで、前は

「Mac → ヘッドホンやスピーカー」  となっていた音の受け渡しが

「Mac → Soundflower → ヘッドホンやスピーカー」  となったわけです



あとはQuickTime立ち上げて

ファイルの新規画面収録



右のほうの三角押すと「どこから音をもらうか」が選べるので


このようにチェックを入れる

音量はお好みで上げ下げ

多分最大にしとけばそのまま聞こえる音が録音される



これで

Mac

Soundflower → ヘッドホンやスピーカー

QuickTime

と、分岐させて音をもらえるようになりました

あとは録画ボタン押すだけw



QuickTimeはちょっと録画には重いし、ファイルがでかくなる

その分綺麗だけどねw

それが嫌な人は

Demo Recorderというフリーソフトがあるので

それをダウンロードしましょう
http://itunes.apple.com/jp/app/demo-recorder/id458245960?mt=12


こいつの設定は



上から

マウスのクリックも録画するか

音は何処からもらうか(ここをSoundflower 2chに)

何秒で自動停止するか

右上がフルスクリーンにするか

下の薄いウィンドウは録画領域(移動させたり、広げればそこを録画する)


あとは、Start Recordingをクリック

こいつは軽いし動画容量も小さい




これで画面の録画や

ゲーム、絵を描いてみた、ちょっとした画面を使った説明とかが

録画できるようになります

簡単でしょ?w



試しにQuickTimeでキャプチャしながらゲームしてみた

そして、iMovieでちょっと編集

video



0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...